花フェスタ記念公園’12 5/29フォトギャラリー2

 

<フォトギャラリー内のバラの名前(順不同)>
ピンクのノイバラ?
Rosa californica plena(ロサ・カリフォルニカ・プレナ)
Magnifica(マグニフィカ)
Petite Lisette(プティ・リゼット)
Rosa mollis(ロサ・モリス)
Mme. Hardy(マダム・アルディ)
Euphrosyne(ユーフロシーヌ)
Shailer’s White Moss(シェイラーズ・ホワイト・モス)
Rosa macrophylla rubricaulis(ロサ・マクロフィラ・ルブリカウリス)
Docteur Marjolin(ドクトゥール・マルジョラン)?
八重バイカウツギ
その他名前の判らないものもいくつか

 
 

2 thoughts on “花フェスタ記念公園’12 5/29フォトギャラリー2

  1. ナイアガラさん
    マクロフィラの写真ありがとうございます。
    やはり、この枝の滑らかさがたまりませんね^^
    きれいです。
    でもそうですか、小さくなっていたのですね。
    ヒマラヤ生まれのこのバラは、日本の暑さが苦手なのかも
    しれませんね。
    北海道のバラ園にもマクロフィラとモエシーの子供らしき
    アーサー・ヒリラーというバラがありました。
    なぜか原種は全然お手入れされていなくて・・・
    素敵なバラだと思うのにもったいないです。
    花フェスタの原種の谷は、原種らしい植え方がされているのですね。
    ますます行きたくなりました!
    ロサ・モリスと言うバラ、セミダブルなのしょうか?
    ピンクの色の入り方がかわいいですね。

  2. ロサグリーンさん こんにちは
    マクロフィラ・ルブリカウリス、どうしちゃったんでしょうね、暑さなんでしょうか。
    わたしも大好きなので枯れてしまわないでほしいです。
    枯れても補充してほしいです。できたら原種の谷にも植えてほしいなぁ・・・。
    暑さに弱いのなら北海道なら快適に過ごせるでしょうね。
    そちらのバラ園さん植えてくれないでしょうかね。
    アーサー・ヒラリー、その掛け合わせだとロサグリーンさんのドツボって感じのバラでしょうね。
    原種って興味のある人が限られるから冷遇されやすいんでしょうね。ショボボ~ン(´-ω-`)
    それを思えば花フェスタの原種の谷は枝は伸び放題なので、あそこに植わっているものは恵まれている方だと思います。
    ただ、枯れたものもあるようで地面が見えているところもけっこうありました。
    それと問題はネームプレートですね。ほかのバラと入れ替わっていたりすることがあるのは園の方もおっしゃっていました。
    ロサ・シノウィルソニーも去年から別のバラのネームプレートが立てられていたことが今回わかったりして・・・。
    ロサ・モリスはいつ見てもセミダブルになっていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください